ドラハンのきまぐれバンク

気まぐれにポケモンを育成して、オフで使って感想を書き溜めるデータ集

ギャラドス(シングル)


何だかんだで第3世代からのお気に入り。
第4世代中盤くらいまではメジャーポケだと思っています。まあロトムがフェルムチェンジしない頃までの話ですが。
第5世代最初はこれでもかと言わんばかりのウォッシュロトムが多くて一時期封印していましたが、それでもそこそこ強い分類だと信じたいです(((



タイプ みず ひこう
種族値 95-125-79-60-100-81
とくせい いかく じしんかじょう


大雑把な解説、役割
総合的な耐久力の高さと技の豊富さに定評のあるきょうあく(笑)ポケモン
こうげきの値が高いものの物理技の貧弱さによって数値に反した火力の乏しさが目立ち、どちらかというと穴埋め目的に使われやすい。弱点つけないと決定力不足に。
電気4倍弱点もあってか、相性の強弱がはっきりしやすかったり補助技によるサポートが得意だったりと小回りで戦うポケモンである。


努力値、性格
基本的に80族との相性がいいポケモンが多いため上から押さえられるようにようきが一番いいだろう。
でんじはやりゅうのまいなどすばやさを操作出来る技を多く持つが、交代を多少する環境だと素の素早さが高いほうが安定しやすい。
いじっぱりの場合はりゅうのまいと組ませて押すタイプもあるが、先手を取られやすくなりややデメリットのほうが大きくなりがちで不安定な運用になるだろう。
わんぱくやしんちょうなど防御面を強化する場合は特化型になりやすいので割愛。


HP:耐久力が肝心のポケモンなので多めに努力値を振りたいところ。
Hの実数値16n-1で天候ダメ最小である191かぶっぱ振りがメインか。
たべのこしやオボンのみを持たせることが多いがそこまで調整しなくてもいいだろう。


こうげき:基本的に火力で押すタイプではないので努力値の余りを加える程度で十分。
余裕があれば4振りウルガモスたきのぼりで確1くらいまで振りたいのは事実だったりする。
ただ意地っ張りじしんかじょう型でもない限りは過剰なほど振るのはオススメしない。


ぼうぎょ:いかくがあるため無振りでもそこそこ耐えられるが素の数値がやや低いので安定性を高める場合は多少振りたい。
目安としてはテラキオンのエッジ1耐えか。
明確な対象がいない場合は素直にHPに振ったほうがいいかもしれない。


とくこう:一時期いた特殊型でも作らない限りはいりません><


とくぼう:元々とくぼうの数値は高いので振らなくても安定して耐えられる場合が多い。
ラティのメガネ、ジュエルりゅうせいぐん耐えなど調整する手もなくはないが、そこまで特化する利点もあまりなかったりする。


すばやさ:上記どおりぶっぱ振り推奨。
80族で多様されやすいポケモンマンムーシャンデラカイリューであり、それらを上から叩けるメリットは大きい。
環境によっては最速でなくてもいいかもしれないが最低でもキノガッサヒードランを超えるくらい努力値は振りたい。


技候補


たきのぼり
安定かつ馬鹿にならないひるみ効果付き。
りゅうのまいやでんじはからのひるみ狙いも出来る優れもの。
火力が物足りないのが唯一の欠点。


アクアテール
たきのぼりじゃ火力が足りない人向け。
Aの努力値を節約するために使うこともあるが、それ以外の利点はない。


こおりのキバ
水技との相性に優れたサブその1。
火力はないが、弱点をつきやすく小回りが効く。


げきりん
水技との相性に優れたサブその2。
一貫性に優れており、火力も悪くはない。
混乱後のフォローが必要なのが欠点か。


じしん
水技との相性に優れたサブその3。
だが採用される場合だいたい水技が切られる気がする(


ストーンエッジ
水技との相性に優れ……てないね(
火力と撃ちやすさは便利だが優先度はやや低めか。


こごえるかぜ
タスキ潰してすばやさ下げることが出来る。でも他のポケモンでやってください(


なみのりハイドロポンプ
10万ボルト、かみなり
だいもんじかえんほうしゃ
れいとうビーム、ふぶき
めざめるパワー(飛行)
HENTAI用。
帯持たせて弱点つければそこそこ強いが、あくまでそこそこ。


りゅうのまい
起点を作って一度舞えばかなりの強さを発揮することが出来る積みの十八番。
火力が乏しいので余裕があるときは舞っておきたいところ。
それでも思ったより火力は高くならないので過信は禁物。


でんじは
後続をサポートするにはもってこいの補助技。
耐久力があり、繰り出し性能が高いため交代戦においても多く巻けるだろう。
ボルトロスが流行っているためダブルより採用しにくいのがネックか。


ちょうはつ
ギャラドスアイデンティティとも言える補助技。
補助技が多様されやすいシングルでそれらを妨害出来るメリットはかなり大きい。
ステルスロック、ちいさくなる、りゅうのまい、はねやすめ……と一度使われるときつい技が多いのでこれらを防ぐためにも極力採用したいところ。


みがわり
ギャラドスに対する補助技をシャットアウトする補助技。
りゅうのまいを安全に使うことが出来るため、相性自体は悪くない。
ちょうはつの代わりとして使うことが出来るが、運用や役割が異なるため注意が必要。


どくどく
だいたいトリトドン対策。
居座られるとめんどうなポケモン対策で、交代戦を強制させるという点では悪くないが技スペースが足りない。


構築例
ほぼパクリでごめんなさい


せいかく ようき とくせい いかく
努力値 164-52-36-0-4-252
どうぐ ラムのみ


技 たきのぼりorアクアテール こおりのキバorげきりん ちょうはつ りゅうのまい


所謂テンプレ構築。
汎用性が高いため、繰り出し性能を最大限に発揮出来る型。
キノコを後出しで出せたり、ウルガモスに攻撃したらやけどしたときもラムのみがあれば一安心。
ついでにこんらんのフォローとしても使えたりするのでげきりん採用する場合はこちらを。


せいかく ようき とくせい いかく
努力値 180-44-20-0-36-228
どうぐ たべのこし


技 たきのぼりorアクアテール こおりのキバ みがわり りゅうのまい


みがわり居座り型。
ちょうはつ持ちと違って場に長くいて発揮出来る型なので、上記のテンプレ構築とは扱いが別物。
主に決定力のないポケモンに出してみがわり後りゅうまいで3ダテするスタイル。
すばやさはヒードラン抜き程度に抑えて、残りをぼうぎょ、とくぼうに努力値を使ってみがわりを厚めに。
みがわりめいそうスイクンに近い使い方になるかもしれない。


せいかく ひかえめ とくせい いかく
努力値 164-0-4-244-4-92
どうぐ たつじんのおび


技 なみのり だいもんじ こごえるかぜ 10万ボルト


とってもHENTAI型。
役割なんてあったもんじゃないので意表をついて荒らすだけです(((
ギャラドスだしでんじはやちょうはつを入れたほうが使いやすいかもしれない。
*ちょっと修正 すばやさぶっぱの意味がなかったので火力優先に。準速ノオー抜き程度まで抑えることに。