ドラハンのきまぐれバンク

気まぐれにポケモンを育成して、オフで使って感想を書き溜めるデータ集

第66回北海道オフ会 レポートその2

大会ルール:シングル(フラットルール基準)
パーティ:リフレクターサンダー入り壁構築


ポケモン 性別 とくせい どうぐ わざ
サンダー せいでんき ひかりのねんど 10まんボルト リフレクター とんぼがえり ひかりのかべ
バシャーモ かそく ホノオZ フレアドレイブ とびひざげり まもる おにび
ナットレイ てつのトゲ たべのこし ジャイロボール タネマシンガン ステルスロック やどりぎのタネ
ギャラドス いかく ギャラドスナイト たきのぼり じしん りゅうのまい こおりのキバ
ガブリアス さめはだ きあいのタスキ じしん がんせきふうじ ステルスロック どくどく
カプ・テテフ サイコメーカー こだわりスカーフ サイコキネシス ムーンフォース サイコショック シャドーボール
成績:3勝1敗
順位:一応準優勝


以下対戦レポート


サンダー@ひかりのねんど
10まんボルト/リフレクター/とんぼがえり/ひかりのかべ


せいかく:ずぶとい
H252/B252/S6


初代VC限定のリフレクターサンダー。
ルール上使用可能だったので使ってみたかったのです。
モンスターボール限定になるのでボールを見ている人にはすぐバレるのが欠点ですが見せ合いの段階ではバレないでしょう。
主力の10まんと壁2つは固定で残り一つは交代も出来るとんぼがえりにしました。
これで壁ライコウに差別化できる、はず。コ、コケコは耐久力の高さが違うから。
弱体化したとはいえ麻痺も変わらず強力なのでほうでん採用でも良かったかも。


バシャーモ@ホノオZ
フレアドライブ/とびひざげり/まもる/おにび


せいかく:ようき
A252/D6/S252


わりとよくあるおにび持ちのホノオZバシャーモです。
壁をはれば割と場持ちは良好。素のすばやさが不安なのでようきに。
まあせいでんきの麻痺とアンチシナジーなのは気になりますがプレイングでどうにでもなりますし。


ナットレイ@たべのこし
ジャイロボール/タネマシンガン/ステルスロック/やどりぎのタネ


せいかく:のんき
H252/A28(余り)/B228(11n調整)/S最遅


特に説明の必要のないHBベース。場持ちを良くするたべのこし持ち。
まもるも選択肢の一つでしたがミミッキュ対策としてマシンガンを入れてみました。
BW2自体くらいからシングルの草=やどりぎ持ちの認識が強く、こいつも例外ではありません(((


ギャラドスギャラドスナイト
たきのぼり/じしん/りゅうのまい/こおりのキバ


せいかく:ようき
H6/A252/S252


いつものギャラー。まさかの3ウェポンの脳筋スタイル。
シングルのギャラだとパーティの穴埋めとして採用することが多く、純粋なアタッカーとしては非常に珍しい気がします。
調整振りが第一候補でしたが壁2ある状態に舞うなら攻撃振ったほうが強いよね、となってこうなりました(


ガブリアスきあいのタスキ
じしん/がんせきふうじ/ステルスロック/どくどく


せいかく:ようき
A252/B6/S252


初手に投げて岩技を繰り出す所謂ステロ巻きタイプ。
どくどくはお試し。基本型ならほえる安定。
げきりんでもいいかなーとか思ったけど遺伝させ忘れていた。


カプ・テテフこだわりスカーフ
サイコキネシス/ムーンフォース/サイコショック/シャドーボール


せいかく:ひかえめ
H6/C252/S252


皆大好きテテフちゃん。説明不要のスカーフです。
このパーティだとめざぱ炎撃つ機会少ないかなと思ったためシャドボにしてます。


ぶっぱ振りが多く、かなり前のめりな構成になっています。
バシャナットサンダーというメジャーな組み合わせを見せつつ、壁サンダーを投げてその間に積んで勝利する壁構築です。
一応上記の3体で似たように立ち回れますが技構成が微妙に噛み合っていないので相手パーティに合わせて出すポケモンを変えていく
スタンのような一面も持ち合わせています。何だこのごった煮。
逆に言えばサンダーへの依存が大きく、壁はれずに終わると勝てなくなるため気をなければいけません。
特にとくしゅポケに対しては脆いパーティなので壁をはる前に殴られる初手スカーフは厳しいでしょう。


後個人的な主張なんですが

並び替えると虹っぽいカラフルな色合いが気に入っているパーティです。
というか今回使う理由の一つです( まあ虹色ってピンクじゃなくて橙色だし紫色いないしそもそも虹って7色(ry
過去作からの傾向として色が被りやすい気がします。特に青系は嫌でも被りやすい。
サンムーン環境になってそれ以外の色のポケモンが増えたのは吉向かもしれませんね(


しとりさん 1−0 ○

ドラハン しとりさん
サンダー リザードン
ガブリアス ヒヒダルマ
カプ・テテフ ポリゴンZ
未選出
バシャーモ ガルーラ
ナットレイ サンダー
ギャラドス カプ・ブルル


ぱっと見リザードンYとヒヒダルマの晴れパのような構築。
下手すると拘り3体搭載されてるんじゃないかと言わんばかりの脳筋スタイルっぽいです。
嫌いじゃありません、そういうの。そもそも拘り3体+チョッキというパーティ考えたことあったし。


サンダー  :◎ でんきが良く通り、相性が悪いポケモンもいないため初手安定。
バシャーモ :△ リザードンが出やすそうなので結果的に出しにくそう。
ナットレイ :× ポリゴンZに当てたいですが間違いなく完全燃焼されそうなので出さないほうが無難。
ギャラドス :△ 主力の水技が弱体化されそうなので出しにくい。
ガブリアス :◎ 相性が良く、タスキなので高火力相手にも出しやすい。S関係で先手取りやすいのも強み。
カプ・テテフ:○ スカーフで上から叩けそう。


初手はサンダーど安定。壁はれば高火力もそこまで怖くはありません。
後はガブリアスをチョイスすればそこそこいけそうです。
残りはエスパーの通りが良いためテテフにしました。
相手の出すポケモンはガルーラよりはリザードンのほうが出やすいかなと。
ポリゴンZも間違いなく出てきそうなので後は立ち回り次第で何とかなるはずです。


相手は初手リザードン。読みは良いようです。
とりあえずひかりのかべ安定なのではっておきます。
すると居座っておいかぜ。それはそれでいやでござる。


次のターンヒヒダルマの可能性が高いですが10まん安定の場面なので撃つしかありません。
案の定ダルマが出てきました。大体6割くらい与えました。
とは言えそのまま突っ張るわけにもいかずガブリアスに渋々交換します(


高火力のフレアドライブが飛んできます。
が、ガブリアス耐える。タスキも発動せず。無振りで耐えんのかーい(
さめはだとフレアドライブの反動でダルマが落ち……ない。ナンテコッタイ。
仕方がないので無駄と知りつつがんせきふうじを選択する。案の定両方落ちる。


おいかぜも切れて、再びサンダーとリザードンの対峙へ。
特にやることもないので10まん連打へ。相手はまもる持ちとターン稼ぎへ。
残念ながらねんど持ちなので壁続行です。とは言ってもまた壁貼ればいいだけだったのであまり意味はなさそうですね。
次のターン10まんを撃ちますが耐えられます。耐久調整のようです。
散り際にブラストバーンを撃ってきましたが晴れじゃないせいか5割も減らず。壁すげぇ。


最後は読みどおりポリゴンZ
流石にはかいこうせんは耐えられませんでしたがテテフちゃんが残っていたのでサイキネ1発で仕留めましたとさ。


おくのさん 0−1 ×

ドラハン おくのさん
サンダー カプ・テテフ
ナットレイ ボーマンダ
ガブリアス カプ・コケコ
未選出
バシャーモ ギギギアル
ギャラドス ランドロス
カプ・テテフ ポリゴン2
ふええ、とくしゅが多くて辛いよぉ。 というかテテフスカーフだろこれ。ボーマンダ物理だろこれ。ランドロスチョッキだろこれ。 ……分かっていてもどう対処したらいいんでしょうか( サンダー  :△ 基本的に壁をはって終わり。マンダが物理なら相性は悪くはないが。 バシャーモ :△ ボーマンダほぼ選出されるため止まりやすい。おにびの効果はありそうだが。 ナットレイ :○ ジャイロボールの通りは良好。問題なのがテテフのめざぱ炎 ギャラドス :△ 攻撃の通りは良好ながら弱点をつかれやすい。コケコがいるのも問題。 ガブリアス :△ タスキがあるためまだ動けるが全体的に相性が悪い。 カプ・テテフ:△ ミラーになりそうなのでめんどう。ムンフォやシャドボの通りはいいけど。 相性悪すぎ笑えない。どれ出されてもしんどい。……ごめん、ギギギアルは例外で。 サイキネが通りやすいテテフとメガ持ちのボーマンダはほぼ選出されると山をはっていきます。 初手はとりあえず壁はりたいのでサンダー。テテフやコケコを見れるナットレイは確定。 後は先手取れないけど1ターンは確実に動けそうなガブリアスをチョイスします。 初手はテテフちゃん。初手なのでほぼスカーフと仮定します。これはきつい。 ここで出来る選択肢は二つ。サイキネ読みのナットレイ交代か交代読みめざぱ炎読み居座り壁か。 どっちもどっちなのでサイキネ撃たれても耐えられる可能性もある後者を選びます。 急所入って落ちました\(^o^)/ そしてナットレイ出してボーマンダ読みやどりぎのタネしてもテテフのスカーフ持ちめざぱ炎を呼んでもどうしようもない状況でした。 糸冬。 まあダブルの運ゲーを返されたと考えれば仕方がないとは言える( 後は読み自体は初手を除けば良く当たっていたのでプレイング自体は冴えてました。珍しいね。 くろいのさん 2−0 ○
ドラハン くろいのさん
サンダー アシレーヌ
ガブリアス サンダー
バシャーモ テッカグヤ
未選出
ナットレイ バシャーモ
ギャラドス ランドロス
カプ・テテフ ガルーラ
ついにきましたテッカグヤ。 サンダー、バシャーモと被りがそこそこいますが弱点も共通しているので何とかなるでしょう、きっと( サンダー  :◎ でんきが良く通り、相性が悪いポケモンもいないため初手安定。 バシャーモ :○ 攻撃の通りは良いためお膳立て出来ればフィニッシャーになりそう。 ナットレイ :△ 相性が良かったり悪かったりと極端。他に相性良いポケモンがいるため無理に出さなくても良さそう。 ギャラドス :△ 電気ポケモンがいると警戒されて出されることが多いので選ばないほうが吉( ガブリアス :○ タスキのお陰でバシャーモを止めやすく、他のポケモンとの相性は悪くはない。 カプ・テテフ:△ 相性的にテッカグヤが出てきそうなので見せポケに留めたほうが無難かも。 相性は良かったり悪かったりと選出一つで勝敗が決まりそうな組み合わせでしょうか。 とりあえずサンダーで壁貼っておけばサイクル戦では有効なので初手に出すのは確定。 後は消去法ですがバシャーモガブリアスがベターかと。 相手も壁サンダーだったらかなりめんどくさい戦いになりそうですがまあ被らないよね、道オフだし( 初手はアシレーヌと好相性。バシャーモガブリアスギャラドスのいずれか読みでしょうか。 とりあえず突っ張られてもいいようにひかりのかべを貼っておきます。 相手はいきなりわだつみのシンフォニアを撃ってきました。サンダーが厄介だったのでしょうか。 威力的には4割ほどと被害を最小限に食い止めることに。壁パネェ。 ここからサイクル戦へ。 とんぼがえりで出したガブリアスでどくどくを出そうとするとテッカグヤが登場。 バシャーモに交代してアシレーヌ読みでおにびを撃って消耗させます。 壁貼ったおかげでそれなりに強気な交換が出来るのがいいですね。 そんなこんなで壁が消えてサンダー同士が対峙したのでガブリアスを光臨。 やはり飛んでくるめざぱ氷。無振りで耐えるのかーい!(二回目 と思ったけど過去作からそんな感じだったね、やっぱガブやばいわ。 前のターンに10まんが急所に当たったのでこれでサンダー倒せそうだし交代読みも兼ねてがんせきふうじと。 と思っていたらスカーフでした。ガブリアス戦闘不能(リタイア)。 この時点でバシャーモのかそくしないと勝てなくなりました。 相手の交代はほぼ確定なのでアシレーヌ読みでタイガーニーキックとびひざげりです。 やはりアシレーヌが出てきたのでいまひとつながらやけどを含めてHP黄色まで削ることが出来ました。 これでダイナミックフルフレイムを使えばアシレーヌも倒せるくらい減らした、はず。 しかし交代されてテッカグヤあたりに当てられるとこちらが負ける。 とは言え選択肢を考えるとこれ以上有効打がないため不確実ながら勝負へ。 そしてそんなの関係ねぇと言わんばかりの急所。今回のオフ酷くない?( アシレーヌをテンプレのHP187、B110で計算すると44.9%〜52.9%と確定ではないっぽい。 ……運がいいと考えましょう( 後はフレアドライブ連打してバシャーモ大暴れの巻。 何気にシングルでくろいのさんに初勝利……と思いきや45回オフで勝っているようです。 ということは過去の結果確認して間違ってなければ5年近く勝っていなかったと( その代わりダブルは大きく勝ち越しているらしく混ぜればほぼ五分が取れている……のかこれ?((( ロムさん 3−0 ○
ドラハン ロムさん
ナットレイ ウツロイド
ギャラドス ハッサム
バシャーモ フライゴン
未選出
サンダー マリルリ
バシャーモ パチリス
カプ・テテフ ダダリン
出たなにっくきウツロイド、よりも気になったのはフライゴンであった(白目 というかパチリスとかダダリンとか失礼ながら今までのイメージとは異なったポケモンが多かったので驚いています( 前回のばくはネタといいとうとう道オフクオリティに侵されてしまったようです。 ちなみにこの時点で優勝の可能性がなくなり、ロムさんとおくのさんの代理決勝戦となっています。 個人的にはロムさん勝ってほしいけど俺自体は負けたくない(ry サンダー  :△ ウツロイドがいるため出さないほうが無難。フライゴンも突破出来ないしね。 バシャーモ :△ ダダリンがいるためとびひざげりが撃ちにくいが、強敵のハッサムには強い。 ナットレイ :◎ 何か刺さってる。フライゴンに気をつければ何とかなりそう。 ギャラドス :○ ウツロイドが少々怖いが一度舞えばかなり有利になりそう。 ガブリアス :△ ウツロイドがめざぱ氷持ちの可能性が高く、そこまで有効ではない。 カプ・テテフ:△ めざぱ炎がないのでハッサムのバレパン防いでもやることがない。 とりあえずナットギャラっぽい動きを見せてメガギャラで暴れられればいいかなと。 後は防御がやや薄そうだったのでバシャーモもいけるかなと思って入れてみました。何でだろ( 初手がウツロイドくさいのでナットレイ初手でいきましょう。読まれてフライゴンでもまあ何とかなる(白目 読みどおり初手はウツロイド。タスキもありそうだけど多分スカーフ。 交代されそうなのでやどりぎを巻いておきます。ちゃんとハッサムが出てきてやどりぎおいしいです。 ばかぢから怖いのでギャラドスに交代します。メガシンカしてばかぢから撃たれましたがやどりぎおいしいです。 とここまでは上手くいっている。次はどうなるかである。 メガハッサムウツロイドたきのぼりに弱い面子が多いので警戒すべきはダダリン。 積むには最適の場面ではあるが読みの居座りばかぢからやとんぼがえりが怖い。 とりあえずメガシンカせずにりゅうのまいをします。こういうときタイプが違うポケモンは便利ですね。 ロムさんはフライゴンを出してきます。 さて、タスキの可能性があるのでじしんやいわ技飛んでくるとありがたいなーと思いつつメガギャラ降臨+こおりのキバを撃ちます。 と言いたいんですが何かそれよりZクリスタルが多くなってこのふりゃも持ってそうと心の中で思いつつ。 一発で落ちてしまいました、ああフライゴン。 メガハッサムが出したもののたきのぼりで怯むという酷い結末。 HP的にはナットレイのてつのトゲで落ちそうなくらいなので勝敗には影響しなさそうですが。 ウツロイドは案の定スカーフでした。読みも冴えて運も良いとは何だろうねこの日。 ロムさんはシングル初勝利……でいいはず( 少なくても10回は戦っていると考えても随分とまあ遅い勝利ですね。 昔からどうも勝てない人がいくらかいますがこれって何なんでしょうね。 プレイングが噛みやすいのか分かりやすいのか人同士でも相性があるらしく良く分からない現象ですよね。 まあそれはそれで目標になったり勝てたときの達成感が凄かったりと悪いことばかりではありませんが。 結果は3−1と勝ち越せました。第6世代のシングル(特に後半)が酷かったので良い傾向です。 壁はりを除けば割とスタンダードな構築なのでプレイング面でうまくいけたのが勝因だと思います。 各種6匹も少ない試合数ながら全員役割を果たせたので意外とパーティバランスは悪くなかったと思います。 まあ元々メジャー構築の亜種タイプなので強いのは当然とも言えますが( リフレクターサンダーって如何せんレートで使えないためか、 配分など考慮した内容を調べても見つけられなかったため有効な振り方が分からずぶっぱ振りで使いましたがやっぱ強いですね。 壁はりならライコウとかコケコとかいますけど初見で型が見切りにくいって意味では一番厄介なんじゃないかなとは思います。 ただし前記したとおり出したらボールと特性で即バレなのでやっぱ扱いは難しいという結論にたどり着きますがね。 ちなみに今回のパーティは公開しません。 レート上で使えないこととウルトラサンムーン発売まで時間が少ないためです。公開が遅いからとか面倒だからじゃないよ(